ようこそ 工房eco・ふ~せんへ

『環境配慮型商品保護材』を研究開発しています。

タオルを使った環境配慮型保護商材

この『環境配慮型商品保護材』は、パッケージ商品を受け取る側からの目線で開発しました。

 

 毎年、日本では、お中元やお歳暮といった贈り物が大量に消費される時期があります。その他にも、誕生日、バレンタインデー、お節句、敬老の日、クリスマス、通販でお買い物など大量のパッケージ商品が流通しています。

 

 パッケージには殆ど商品の保護材が使われておりますが、商品を取り出した後に商品保護材を家庭で再利用する事はあるでしょうか?その大半が、可燃ゴミとして処理されているのではないでしょうか?私は、すぐにゴミに出されることが「もったいない」といつも感じておりました。

 

では、再利用できる物で商品保護材を作ることができたなら「もったいない」にならないのではないかと考え、タオルに商品型を成形した『環境配慮型商品保護材』を開発しました。これは商品を取り出した後、洗濯すれば従来のタオルとしてご使用できます。

 

今後は、タオルに限らずいろいろな織布製品で『環境配慮型商品保護材』を作る事を目指し頑張っていきたいと思います。

 

                           工房eco・ふ~せん

                           冨田まゆみ


2011日本パッケージングコンテスト ジャパンスター賞 受賞

日本パッケージングコンテスト ジャパンスター賞社団法人日本包装技術協会会長賞を受賞しました。

日本パッケージングコンテスト ジャパンスター賞

社団法人日本包装技術協会会長賞を受賞しました。

優れたパッケージとその技術を開発普及することを目的として実施される、日本パッケージングコンテストは、社団法人日本包装技術協会の主催で毎年開催されます。

我が国の包装分野における最大のコンテストです。

2011年に行われたコンテストにより、工房eco・ふ~せんが開発した『環境配慮型商品保護材』がジャパンスター賞 社団法人日本包装技術協会会長賞を受賞しました。